RECRUIT採用情報

職員インタビュー INTERVIEW

はるな先生

蒲田本町保育園 保育士

私の1日MY DAILY SCHEDULE

どうして保育園で働きたいと思ったの?

私の実家の近くには年下の子どもたちが多く、一緒に遊ぶ機会もたくさんありました。町内の運動会やお祭りなどの行事では一緒に出店を回ったり、普段はあまり行かない林の中やブロック塀の上を友だちと小さい子たちを連れて冒険してみたり。そうした経験と保育園出身ということが保育士という夢に繋がっていきました。

こんな保育士・調理師・栄養士を目指したい!

子どもたちに寄り添い、誠実で温かい「大好き」な先生でありたいと思います。子どもたちの生活は様々な発見や感情で溢れています。嬉しいとき、悲しいとき、顔をあげて駆け寄ると「そうだね」と優しく受け止めてくれる、そんな「大好き」な先生。忙しさに飲み込まれそうなこともありますが、笑顔を忘れず、努力を怠らずに居続けたいです。

みく先生

蒲田本町保育園 保育士

私の1日MY DAILY SCHEDULE

みわの会に転職して良かったこと

保育園、幼稚園と経験し、一斉保育しか知らなかった私の目に「子ども主体の保育、叱らからなくても良い保育」という文字をみつけ、興味を持ち、転職しました。今まで経験してきた一斉保育とは違う事も多く、初めは戸惑う日々でしたが、子どもたちと1対1でゆっくりと関われる環境、子どもの意欲や関心に寄りそえる毎日は、学ぶ事も多いですが保育士としての幅も広がり、楽しい毎日を過ごしています。

子育てと仕事の両立は?

復帰する前は、「まだ我が子といたい!」という気持ちや両立していけるのか不安ばかりでしたが、家族や職場の温かいサポートがあり、楽しく働く事ができています。復帰してからの毎日は本当に目まぐるしいのですが、子を持つ親として 以前とは違った角度から子どもたちの気持ちを理解できたり、保護者の方の気持ちも分かるようになりとてもやりがいのある仕事だと改めて感じています。