RECRUIT採用情報

職員インタビュー INTERVIEW

あきこ先生

シンフォニア保育園 保育士

私の1日MY DAILY SCHEDULE

入社して気づかされたことは?

私たちの職場では、子どもたちがお昼寝の時間になる際によく振りかえりというのをしています。その日に起きた子どもの姿や大人の気持ちなど付箋を使って書き、そこから皆が気になることをそれはなぜ?と掘り下げて考えていきます。良い悪いと判断したり答えを出すというのではなく、日常に生かすならと気づきになります。反省ではなく自然と気づきが増えています。

「子ども主体の保育」って実際どんな場面?

年長児クラスを担任していた時のことです。子どもたちは普段の遊びの中でよく物語を作り、紙に書いていました。それからその物語に出てくる登場人物を紙に描いたり、時には自分たちが登場人物になったり、舞台も作ったりと劇場ごっこへと広がっていきました。やがてその遊びは2ヶ月以上続き、脚本から全て子どもたちの力で1つの劇が出来ました。大人はその場づくりをしただけでした。

ちか先生

シンフォニア保育園 保育士

転職して良かったこと

私がこの保育園に転職して良かったと思えるのは、困ったことや悩みを相談しやすい環境が充実しているという事です。日々の保育の中で壁にぶつかってしまうことはたくさんありますが、自分ひとりで抱え込まずにアドバイスをして下さる優しい仲間、先輩方がたくさんいます。また、正規、パート職員を合わせると年齢も幅広く、子育てを終えられたベテランの職員もいる為、ブランクやこれから働くという人も安心して働けると思います。子どもが大好きで真摯に子ども達と向き合う先輩方の姿勢はとても勉強になります。ぜひ保育の楽しさを一緒に共有していきましょう。

どの様な研修があるか

研修が豊富というのも園の特徴の一つです。保育に関連する研修はもちろんのこと、太鼓や着付け、コーラス、料理など職員がこういうのを学んでみたいという声を取り上げて研修を組んでもらえます。リーダー研修では書籍も多く出版されている有名な異業種の方の研修もあり保育のスキルアップだけでなく、人間力も向上できます。また、研修を通して一緒に学び合う中で、職員間の共通理解も深まり一緒に働く仲間として団結力が芽生えます。学んだ事を活かして保育に還元し、子ども達の喜ぶ姿が見られるのもとても楽しいです。